【山怪】山にまつわる怖い話 パート3【その2】

90pt   2018-08-10 20:02
発掘系まとめ

【その1】
cffa628b-s.jpg
141: 名無しさん 04/04/20 23:15穂高岳近くのキャンプ地で、夜中に危うく遭難しそうになったた。 
   
山行の2日目、夜に雨と風がものすごく強くなり、ヒュッテのトイレへ行くタイミングを、テントの中で今か今かと待っていた。10時頃(山では夜中)、雨が弱くなったので1人でテントを出発した。

距離は約40、50メートル程で、テント場へ行く道と下へ降りる道があり、途中1ヶ所直角に曲がる所があった。今思えば霧が濃く、ライトで足元がうっすらと見えるくらいだった。何も考えず、途中までは右側の石垣を伝い、曲がり角からトイレまでは明かりが漏れていたので簡単に着いた。

ところが、用を済ませてトイレを出てから外を見ると白闇、何も見えない。まさに雲の中にいるように真っ白、足元もほとんど見えない状態でメガネが曇ったせいでもなかった。

まあ、テントまではそんなに遠くでもないし、声を出せば返事をしてくれるだろう、と思ったオイラは馬鹿だった。来た道を目を凝らしながらもどったつもりだが、そこが本当に道なのかただの岩肌なのかわからなかった。 

何度か行ったり来たり繰り返しているうちに、ヒュッテの明かりも見えなくなり、テントまでの方角や距離感もわからなくなってしまった。そういえば立山でも似たような経験があったのに、学習能力の低いオイラにはなんの教訓にもなっていない。 

再び風雨が強くなり始めた。当然薄着で出てきている。どうしよう、このままでは凍死 してしまう。普通では予測できない状況になること・・・そうこれは遭難だ !

今までにない恐怖とパニックに襲われた。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=7065962&name
   2ch-web-matomeトップページへ
2ch・サイトニュース記事をまとめて配信。の話題が沢山。